まつげエクステの豆知識

女子力アップのためのブログ


子育て中のママも安心の横浜のまつげエクステ

子育て中のママでもオシャレは大事ですよね!オシャレを楽しみたいママなのに、子連れ来店できないところが多くてため息ついていませんか?でもまつげエクステのラウレア横浜店では、嬉しいキッズルーム完備なのです。





お子様が大好きなおもちゃやDVDがたくさんのキッズルームで遊んでる間にママは安心してまつげエクステができます。 もちろんお子様の好きなDVDのご持参も可能という嬉しいサービス。





ただし、保育施設としてのスペースではありません。それでも、キッズスペースがあるというのは安心ですね。


 


また横浜・関内のラウレアはNPO法人日本医療の連携店でもあり、提携している美容外科で、通常より安く施術を受ける事が可能という安心もあります。 まつげエクステなど新規来店のキャンペーンで30%オフのクーポンがあるといった嬉しいサービスまであります。





自然な印象からボリュームアップまで40分付け放題のコースからリペアの保証がついています。ボリューム感、重さ、長さ、とれやすさなど様々な種類のエクステが準備されているのが魅力。





スワロフスキーの付いたエクステまで華やかな場所で美しいまつげで魅力的な仕上がりが期待できます。子育て中のママでも仕事復帰されている方も多い現代。





子供がいてもオシャレに妥協はしたくないママはたくさんいます。そしてママにキレイでいてほしいというお子さんの思いも大切にしたいものです。





キレイでありたいママを応援してくれるラウレアで癒されながら美しさを手に入れ、そして美しさをキープしてみませんか?

イメージ違いによるトラブルを避けるために

今までに、まつ毛エクステの施術を受けた経験のある人の中には、デザインや本数、太さ、長さなどといったファクターに関して、自分が思い描いていたイメージと、仕上がりのコンティションとの間に少なからず違いがあったというケースも少なくないようです。



そのようなイメージ違いが生じたとしても、期待を上回る仕上がり状態になっているのであれば、何の問題もないどころか、むしろ喜ぶべきことであると考えられます。しかしながら、その反対に、イメージよりもクオリティが下がってしまった場合には、多くの時間やコスト、エネルギーを無駄に消耗してしまうことにもなり兼ねませんので、注意しなければなりません。そんな心配がないのは池袋のこちらのサロンです。



そのようなリスクを軽減するためには、まつ毛エクステをおこなってくれる施術者に対して、自分の抱いているイメージを出来得る限り詳しく、正確に伝えることが重要になってまいります。例えば、私のようなOLの場合ですと、ビジネスシーンでも通用するような主張し過ぎない仕上がりを得たいというニーズが高くなります。



また、仕事の場面では、ナチュラルな印象を与えることも重要なファクターとなります。もしも、口頭でそれらのイメージを伝えるのが難しい場合には、写真の切り抜きやイラストなどを持参して、視覚に訴えかけるのも有効な選択肢となるでしょう。



ただし、まつ毛エクステの施術では、目の形やまつ毛の生え方、まぶたの重なり具合など、個人的な条件によって仕上がりのコンディションが少なからず違ってまいりますから、注意する必要があります。そのような事情を考慮に入れれば、写真やイラストなどと同じようにしてほしいと伝えるだけではなく、みずからの適性にベストマッチした施術方法を選択することも重要になってくるでしょう。



そうした目的を果たすためには、アイリストによる事前のカウンセリングを充分に受けて、疑問や不安、不明点などをなくし、納得した上で施術を受けることが大事です。




エクステの長さや太さを選ぶ際の注意事項

私はOLをしているので、職場の同僚や顧客の受けを良くするために、まつ毛エクステの施術を受けるケースが少なくありません。

また、私のように、まつ毛が細く、短くて張りが無いオフィスレディの中には、少しでも職場で目立つようになりたいという思いから、長く、太いエクステンションを選択するケースもめずらしくないようです。

確かに、そのようなまつ毛エクステを選ぶことによって、より一層ゴージャスで、目ヂカラのある印象を周囲の人たちにアピールすることが可能となるでしょう。

ただし、結婚式やパーティー、デートなどといった場面とは違って、ビジネスシーンに於いては、そうしたまつ毛エクステが、かえって嫌味な印象を与えてしまうケースが稀ではありませんので、注意する必要があります。また、エクステの適切な長さや太さは、そういった使用場面だけではなく、地まつ毛の生え方によっても少なからず違ってくると思われます。

まつ毛エクステは、自分のまつ毛に装着するアイテムになります。そのあたりの事情から、地まつ毛が細くて短く、張りのない人が、あまりにも長くて太いエクステンションを選んでしまうと、少ない接着面で、サイズの大きいエクステを支えることが必要となり、エクステが取れたり、切れたり、抜けたりするリスクが低くはありませんので、気をつけなければなりません。

そのような意味合いからすれば、エクステの長さは、地まつ毛の長さプラス1~3ミリメートルのものを選ぶのが良いと思われます。

また、地まつ毛の張りが無く、細い人には、0.1ミリメートルのエクステを利用することをおすすめします。それに対して、自分のまつ毛が比較的しっかりとしている人は、0.2ミリメートルのエクステを選択することも検討されると良いでしょう。エクステの太さには、0.10、0.12、0.15、0.20、0.25といったさまざまなヴァリエーションがありますので、適性やニーズ、希望条件に合わせて、選択されると良いでしょう。

トラブルの発生と、その対処方法について

私のように平凡なOLでも、まつ毛エクステを装着することによって、ワンランク上の美しさや魅力を得ることが可能となります。

また、ビジネスシーンだけではなく、アフターファイヴに友だちや恋人、家族などと過ごす際に、くっきりとした目元で、可愛らしい印象をかもし出したり、セクシーなイメージを演出したりすることも出来ます。

ただし、まつ毛エクステの施術は、まぶたや目などといったたいへんデリケートな部分の近くでおこなわれますので、何らかのトラブルを引き起こすリスクが低くはないということにも注意を払わなくてはいけません。特に、角膜障害や視力低下など、深刻な健康被害を引き起こすリスクもないとは言い切れませんので、気を付けておきたいものです。

まつ毛エクステの施術を受けた後に、ドライアイや角膜炎、白目の充血、まぶたの腫れ、かゆみ、痛みなどといった症状を呈したという報告も入っているようです。

それらの症状は、エクステサロンのアイリストが必要とされるライセンスや専門性の高い知識、技術を有していなかったり、エクステを付けた本人が、アフターケアの方法を誤ったりすることによって引き起こされるケースが稀ではないという話です。

そうした事由によって、安全性の低い不適切な施術がおこなわれたり、グルーと呼ばれる接着溶剤が目に入ったり、肌に付着したりすると、上記のようなトラブルを招きかねないと言われております。

また、そういった問題があるにもかかわらず、そのまま我慢したり、放置しておいたりすると、症状が悪化して、視力低下などといったより一層深刻な状況にもおちいり兼ねませんので、充分に気をつけましょう。

そのようなリスクを軽減するためには、施術を受ける店舗の技術レヴェルや衛生管理体制などを入念にチェックしたり、まぶたや目に異常を感じたら、スピーディーに応急処置をほどこしたり、眼科医や皮膚科医の診察を受けたりすることが重要になってまいります。

エクステをすると、どういうメリットがある?

私のようなOLの場合、職場では、派手過ぎないナチュラルメイクをすることが重要となってまいります。そのような意味合いからすれば、まつ毛エクステの施術を受けた後は、単色のシャドウに、軽くアイラインを引くだけのメイクで、充分にビジネスシーンに通用するものと思われます。

また、まつ毛エクステの施術を受ければ、仕事の無い日に、まったくメイクをすることなく過ごすことも可能になるでしょう。

そういう風に、シャドウやマスカラ、アイラインなどといったメイクに掛かる時間やエネルギー、コストを節約することが出来るのは、まつ毛エクステをすることによって得られる大きなメリットであると考えられます。そして、それらのメイクをする機会が減ることによって、お肌に対する負担が軽くなり、肌のきめが細かくなったり、張りが出てきたり、小じわや色素沈着などといった肌トラブルを引き起こすリスクが低まったりするなどの効果も期待することが出来ます。

特に、まぶたの皮膚は薄くてデリケートな部位になりますから、刺激の強い化粧品などを使用しない方が良いのかも知れません。その他に、シャドウやマスカラなどを厚塗りすると、それらの粉やカスが眼の中に入って、衛生状態が悪くなったり、目の健康を害したりする可能性も少なからずありますので、注意する必要があります。

そのような事態を招かないようにするためにも、まつ毛エクステの施術は有効に機能することでしょう。そして、エクステをした後には、アイケアの方法にも注意を払うことが重要になってくるでしょう。

例えば、化粧落としやクレンジング等の際に、まつ毛を刺激すると、エクステンションが取れてしまうリスクが低くありませんので、数本の綿棒にクレンジングを浸し、目の際のアイラインなどを丁寧に落とすのも効果的だと思われます。また、オイルクレンジングは、接着溶剤の持ちを悪くしますので、ジェルクレンジングをするのが良いでしょう。

エクステの利用目的や、得られる効果は?

まつ毛エクステの施術を受ける目的や、理想とする仕上がり状態のイメージは、それぞれの消費者によって少なからず異なっているようです。例えば、私のようなOLの場合、プライヴェートだけではなく、ビジネス場面に於いても通用するナチュラルな仕上がりを求めるケースが多いようです。

それらの目的やイメージは、まつ毛エクステの施術をおこなうアイリストに詳しく、正確に伝えることによって、期待通りの効果を得ることが出来る可能性が高まることでしょう。

とは言うものの、まつ毛エクステの施術を受けた経験の浅い人の場合には、担当スタッフへ一任することに対して、少なからず不安や疑問を抱くケースもめずらしくないことでしょう。そういった問題を解消するためには、片側の目を段階的に仕上げることによって、途中経過を確認しながら施術を受けるのも有効な選択肢となります。

そのような方法を選択した場合、通常よりも長い時間や多くのエネルギー、コストを消耗する可能性は高くなります。しかしながら、担当者にまかせて、一気に施術がおこなわれた場合に、抱いていたイメージとまったく異なる仕上がりとなり、ふたたびやり直すために掛かる手間暇や費用の事を考えれば、リスクは少ないと考えることも出来るでしょう。

ただし、どのサロンでも、そのような要望に対してフレキシブルに対応してくれるとは限りませんし、店舗の混雑状況などによっても、対応することが難しくなるケースは存在するものと思われます。

したがって、事前に店舗スタッフによるカウンセリングを受けて、それらのニーズや希望条件を伝え、了承を得ておくことが重要になってまいります。また、エクステをすることによって得ることの出来る効果も、人それぞれに違っているようです。例えば、シャドウやマスカラ、アイラインなどといったアイメイクに労力や時間、コストをかけなくとも、エクステによる効果でくっきりとした目元を印象付けることが出来ます。

施術者に確認する必要のある情報とは?

私のようなOLは、忙しい朝や限られたアフターファイヴの時間帯に、洗顔や入浴などを手っ取り早くおこなわなくてはいけないケースが少なくありません。

また、そのように仕事を持っている女性の中には、仕事のストレスや人間関係の悩みなどといった精神的な問題、運動不足などを解消するためにスポーツに取り組む人も少なからず見受けられます。そして、まつ毛エクステの施術を受けた場合に、そうした洗顔や入浴、運動などをおこなって良いものかどうかという不安や疑問を持つ消費者もめずらしくないようです。

確かに、施術を受けた直後にそうしたことをすると、接着溶剤が安定しておらず、」エクステンションが取れるリスクは低くないという話ですから、注意しましょう。

しかしながら、ある程度の時間が経過した後は、水滴や汗、涙などによってエクステが取れる心配をする必要はありません。ただし、まつ毛エクステを装着した状態で、オイルクレンジングをすると、グルーと呼ばれる接着剤が取れやすくなるという問題があるそうです。

したがって、まつ毛エクステの効果を少しでも長く持続させるためには、油分の含まれていないクレンジングを使用するのが効果的だと思われます。また、エクステにマスカラを使用することは可能となりますが、専用のマスカラや、お湯で落とすことの出来るタイプの商品が販売されておりますので、それらを使用することが必要とされます。

そして、エクステを付けた状態でビューラーを使用すると、装着部が折れて、エクステンションが取れてしまう可能性がありますので、裂けた方が良いものと思われます。また、ホットビューラーを使用すると、エクステが熱で縮んだり、カールの持ちが悪くなったりするケースも存在するそうですから、注意してください。それらの一般的な情報を知ることは大切なファクターとなりますが、それぞれのケースによって異なる事情もありますから、詳しくは施術者に確認しましょう。

まつ毛エクステの施術を受ける際の注意

私のように、地まつ毛の本数が少なく、短い女性の中には、勤め先企業のオフィスにおける影が薄くなり、何とかしてみずからの存在感をアピールしたいと願う人が少なからず見受けられます。

そうしたニーズを満たすためには、地まつ毛のコンディションにベストマッチした太さやタイプ、長さ、本数、接着溶剤のまつ毛エクステを利用することは重要なファクターとなります。

そして、まつ毛エクステを装着することによって、地まつ毛がダメージを受けるのではないかという心配をする消費者も少なくないようです。施術者が必要とされるライセンスを所有していない場合には、専門性の高い知識やスキル、豊富な経験などを有さない事から、その種のリスクが高くなりますから、注意する必要があります。また、施術を受けた後に、不適切な取り扱いかたをすると、そういったトラブルを招く可能性が低くありませんから、気をつけましょう。

ただ、信頼出来るアイリストに施術を依頼し、正しい方法でアフターケアをしている限り、そのような問題が生じることはほとんど無いと言って良いでしょう。また、まつ毛エクステの素材には、ミンクやシルクなど、さまざまなヴァリエーションの名前がついているようです。

それらの素材は、どれも人工的に作られたものであるということに変わりはありません。ただし、加工のしかたによって、エクステの張りやツヤ、硬さ、施術料金などには違いがあるという話です。また、メーカーによって呼び方も異なっておりますので、事前に確認することが大切になります。

また、まつ毛エクステでは、施術前に抱いていたイメージと、仕上がり状態とに少なからず違いが生じてくるケースもめずらしくありません。そのような事情を考慮に入れれば、お気に入りの施術者を見つけることは大切になってきます。そうしたスタッフに、前回と比較して、どのような仕上がりにしてほしいのかを伝えることが有効に機能すると考えられます。

タイプや長さ、カールによる仕上がりの違い

女性の中には、まつ毛エクステを装着することによって、目じりのまつ毛を長くしたいというニーズを有する人が少なからず見受けられます。

しかしながら、実際には、目じりのまつ毛は少なく、短いケースが多いことから、無理に長いエクステを数多く装着すると、かえって不自然な印象を与えたり、接着面積が少なく、エクステが取れやすくなったりするなどといったリスクが高くなりますので、注意を払いたいものです。

また、同じ本数のまつ毛エクステでも、シングルタイプと、毛先が二本に分かれているタイプのものとでは、仕上がり状態のヴォリューム感がかなり違ってまいります。

特に、地まつ毛の本数が少ない人は、Yラッシュや二本タイプのまつ毛エクステを利用することで、ヴォリュームの少なさをカバーするのが良い方法だと思われます。ただし、それらのエクステンションは、装着本数が少なくても、シングルタイプよりも二倍のヴォリュームがあることから、あまりにも長くて太いものを選択すると、重さによってエクステが取れやすくなったり、使用感が悪くなったりするケースが少なくありませんから、気をつける必要があります。

それに対して、まつ毛の本数が多い人は、それらのエクステよりも、シングルタイプのものを装着して、長さを強調した方が良いと考えられます。

その他に、カールの強さに注意を払うことも、重要なファクターとなります。私のようなOLの中には、仕事の出来る女性というイメージをかもし出したいと考える人が数多く見受けられます。

そういったニーズを満たすためには、切れ長でクールな印象を与える、目じりの長めな、カールを抑えたエクステを選択されると良いでしょう。その一方で、目を大きく、丸く見せて、可愛らしい雰囲気にしたい場合は、黒目の上の部分を長めにするのが効果的です。そういう風に、エクステの長さやカールは、場所によって変更することも出来ますので、施術者とよく相談しましょう。